その他の関連情報

その他の関連情報記事一覧

目の下のクマはどんなイメージがある?

目の下にうっすらと表れる黒ずみは、見た目に嫌なイメージを与えてしまうため、そのままにしておくと様々な弊害があります。他人からいったいどのように見られるのか、まとめてみました。合コンで老けてみられた!目の下にクマがあるだけで、見た目年齢がグッと上がってしまいます。実際は若いのに、初対面の人に老けて見ら...

≫続きを読む

ニキビを治すには野菜を食べるべき?

プロアクティブの口コミレビューサイトでも書かれているとおり。ニキビを治す為にはいろいろな努力が必要です。洗顔の方法を第一に考える人が多いですが、実際のところそれだけでは不十分。他に気を付けなければいけないことと言えば、やはり食事です。ファーストフードやコンビニ弁当、カップラーメンなどが当たり前となっ...

≫続きを読む

ひどすぎる目の下のクマは病気?

目の下にクマがあると、見た目にも不健康に見えます。疲労が蓄積されたり睡眠不足だったりするとクマが濃くなってしまいますが、あらゆる対策を取ってもクマが全く改善されないようなら、何か病気が隠れている可能性もあります。クマが酷くなる病気の一例として、バセドウ病、糖尿病が挙げられます。特に甲状腺の機能に異常...

≫続きを読む

目のクマはどうして黒ずんでいるのか?

目の下のクマのうち青クマは、血流が悪くなってそのうっ血部分が透けて見えるのが原因です。血流は体全体に言えることですが、目の下は皮膚が薄いので影響を及ぼしやすいのです。しかし、どうして赤い血が流れる部分が透けて、青っぽかったり黒ずんでいたりするのでしょうか?血は赤い色をしていますが、その色はヘモグロビ...

≫続きを読む

美容整形で目の下のクマを消せるか?

体の内部からくる血行不良クマの場合は、血行促進を心がけることで解消することも可能です。しかし、クマの原因は他にもたるみやくぼみ、色素沈着と様々です。マッサージや生活習慣改善だけで消せないクマの場合、美容整形という方法を用いることもあります。まず、くぼみやたるみの場合には、皮膚の張りを取り戻す施術を行...

≫続きを読む

肌の色でも変わるクマのイメージ

白い肌は透き通った美肌のイメージがあり、誰もが憧れます。白肌は七難隠すということわざもあるぐらいで、美肌の象徴とも言えます。しかし、白い肌も実はデメリットがあるんですよ。肌の色が白いと、ちょっとした薄いクマでも目立ちます。特に疲労蓄積や睡眠不足などですぐ表れてしまう青クマは、肌が白い人ほど目立ち不健...

≫続きを読む

目の下のクマはどこで相談したらいい?

どんな人でもクマができてしまうことはありますが、慢性的に消えない黒ずみは気分を憂鬱にさせてしまいます。そんなクマに対する悩みを相談するには、一体どこへ行けばいいのでしょうか?目の下のクマで悩んでいる場合は、まず皮膚科にいって相談してみましょう。血行不良によるものなのか、色素沈着があるのか、それともア...

≫続きを読む

応急処置!メガネで目のクマをカバー♪

朝起きて自分の顔を鏡で見てみると、くっきり浮き出たクマにビックリすることは無いですか?こんなことなら夕べ早く寝れば良かった・・と思っていても後の祭りです。コンシーラーでも上手く隠れない、蒸しタオルパックするにも時間が無いという場合の応急処置として便利な方法があります。それは、メガネです。メガネは視力...

≫続きを読む

青クマは茶クマに変化することもある?

目の下に表れるクマには様々な種類があり、原因も異なります。多くの人が悩むのが青クマと茶クマで、そのうち青クマは体調次第で若い人でも良く見られますね。体調がよくなれば、消えてしまう人も多いです。しかし茶クマは色素沈着しているので、完全に解消するのはかなり難しいです。ところが最初青クマだったものが、いつ...

≫続きを読む

目のクマ改善に役立つ脱脂術とは?

目のクマを改善するための美容整形は様々ですが、その中で脱脂術というものがあります。ここでは脱施術がどんなものなのか、どんなクマにいいのかなどを解説しています。脱脂術とは、目の下の脂肪を除去する施術のことです。黒クマは目袋の膨らみのせいで影になって出てくるものですが、脂肪が多いために目袋が膨らんで見え...

≫続きを読む

子供でも目の下にクマはできる?

クマができる人は疲れた大人というイメージがありますが、実は体調次第で10代でもできることがあります。そして、もっと低年齢の小学生や幼稚園生までクマができてしまう場合もあります。元気な子供に不健康そうな黒ずみがでるのは、一体なぜなのでしょうか?≪子供でも血行不良や眼精疲労になることもある≫多くの場合、...

≫続きを読む

美顔器は顔以外にも使っていい?

せっかく手に入れた美顔器。その効果を最大限に生かしたいものです。だとしたら、毎日使うというのではなく、他の部位にも使ってみたいもの。顔以外だと美顔器はどこに使ったほうがいいですか?普段のあなたの外観を想像してみましょう。常にひと目にさらされている部位はどこですか?ひと目にさらされているという言い方は...

≫続きを読む

冬の紫外線対策でもっともおすすめな方法は?

冬場は乾燥しやすい為、保湿と紫外線対策が必要!冬は、夏と比べて、気温的にあまり暑くないから、紫外線対策なんて、しなくても大丈夫!と、思っていませんか?冬場の紫外線を甘くみてはいけません。紫外線は、どのような季節でも活動している訳ですので、季節に関係なく、紫外線対策は、必要なのです。冬場は特に乾燥しや...

≫続きを読む

テニスで日焼けしてシミが濃くなる前に!

テニスで日焼けをしてしまったら・・・野外でテニスを毎日していたが、日焼け止めもせず、一日数時間とコートにいたので、気がつけば、顔が焼けてしまっていた。といった経験はありませんか?早急に手を打たないと、シミが濃くなってしまい、後々取り返しのつかないことになります。テニスで日焼けをしたら、すぐに、保湿ケ...

≫続きを読む